いじめの【定義、法律、現状】について

閲覧いただき、ありがとうございます
こうすけです


突然ですが、自分の話が無視されるって辛いですよね
昨日まで、仲良く話ししていたのに



翌日学校に行ったら、全然輪に入れてもらえなかった


私は、昔こんな経験がありました
今回は、「いじめ」についてまとめてみました

 

 

いじめの定義

文部科学省のいじめの定義では、


当該生徒が、心理的・物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものも含む)であって、当該行為の対象となった生徒が心身の苦痛を感じているもの


となっています
つまり、


相手が傷ついたらそれはいじめです


国立教育政策研究所が調べた
「小中学生への6年間のいじめの調査追跡」の結果
いじめた・いじめられた経験(仲間はずれ、無視、陰口に限定)はそれぞれ9割の生徒が経験済みという
結果が出ています


皆さんは、どうでしょうか?
どちらかの経験は、あるのではないでしょうか?



このような状況をうけて、「いじめの認知」の重要性は高まってきています

 

・本人、友人、両親、近所の住人による連絡
・アンケートや面談の実施



しかし、この「いじめの認知」には、各都道府県毎にかなり差が出ています
2016年ですが、最大認知の県と最少認知の県約30倍近く認知件数に差が出ていました


これを受け、文部科学省は、「いじめの認知」に関して
共通理解を図るための資料が作成され教職員に共有されています
ですが、どうやら生徒や保護者の方には共有されていないみたいです。リンクを貼りましたので是非見てください。https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/__icsFiles/afieldfile/2018/07/23/1400170_001.pdf


また、保護者の方向けにチェックシートも作成しています。
合わせて確認してください。
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/__icsFiles/afieldfile/2018/07/23/1400170_003.pdf

いじめに関連する法律について


文部科学省で平成25年に、

「いじめ防止対策推進法」


が制定されました
この法律は、

「いじめの防止に関する基本理念や体制」

をまとめたものになっています


  • いじめの対策は国や学校できちんと考える
  • 学校側でいじめ防止のための組織を設置する
  • 学校側でいじめの取り纏めを行う
  • 重大事態(命の危険)の場合は、関係各所(警察や地方公共団体)と連携して、調査組織を設置する

 

施工に伴い、各都道府県にて「いじめ防止基本方針」「いじめ問題対策連絡協議会」「重大事態のための調査機関」を
設置しなければいけないが、平均して90%の設置状況であり、完全に設置していない状況です

設置が完了している各自治体含めて、会議などを定期的に実施して
いじめ対策を図っている状況です

下のリンクに設置している都道府県の詳細が分かります
気になる方は、一度目を通していただけるとありがたいです
「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」


いじめの現状について

令和元年10月に公表された「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」でいじめの状況を確認してみたところ昨年度より

認知件数が増加いています

認知件数増加に伴い、いじめの発生件数も増加していると考えられます


認知件数が増えた要因としては、メディアで取り上げられることが増えたからではないでしょうか?
TVドラマ「3年A組-今から皆さんは人質です-」も
いじめに関するドラマでした


私も見ていたのですが、心に刺さるTVドラマだったと思います
私と同じように、心に刺さった方も多いのではないでしょうか?
名言集というのもありましたので
是非、読んでみると改めて伝わるかなと思います

https://harulog.jp/37297.html

 

まとめ

・相手がいじめと思ったらいじめ。
・いじめの判断がとても重要
・いじめの件数は増加。しかし、認知されてる証拠でもある
・辛いことがあったら一人で抱え込まずに相談する。



特に思春期の時期には、
言葉の重みも理解出来ずに軽はずみな言動を口にしてしまうことが多いと思います


いじめられた側は、言われた言葉を覚えていて、
いじめた側は言ったことすら覚えていません
いじめた側からしたらその程度の言葉でも傷つくことがあるということは覚えていてほしいです。


参考情報ですが、24時間電話で相談できるようにもなっています。(詳細は、リンク確認ください。)

不安にならずに相談しましょう
今日はここまで!

閲覧ありがとうございました!!

色々更新しています。良かったらフォローお願いします!